はじめての整体でも安心!初回は保証つきの整体! 
肩こり、腰痛でお悩みの方はあかとき庵へ!! 
ホームページはこちら
施術・教室のご予約・お問い合わせは075-708-6146まで

2017年6月13日火曜日

イタリア滞在日誌最終話 「さよならイタリー、新たな旅路へ」


こんにちは!
整体・操体 あかとき庵の小松です。


私は、今年の1/21、22にイタリアへ単身
渡りまして、セミナーを開催してきました。

この連載は全10話で、
いよいよ今回が最終話。

やっとこさ脱稿できました(笑)

今回の第10話では、
・Arrivederci さよならイタリア
・パリで脳が異常事態に!?
・旅で出会った名盤
・スープの癒し
・京都へ帰還。新たな旅路へ
などのエピソードが書いてあります。

楽しんで読んでいただければ幸いです(^^)
-------------------


2017年1月25日。



いよいよ日本へ帰国する日になった。

結局、イタリアで過ごす時間が
名残惜しくて、一睡もせずに朝を迎えた。

一睡もせずに何をしていたのかというと、
ビデオの編集。

イタリアに滞在している間にビデオを
完成させようと思っていたのが、何とか
実現できた。

ビデオができた頃には朝食の時間が
すでにはじまっていた。

いつも朝食の支度をしているホテルの
スタッフとも顔なじみになっていたので、
今日でお別れだと思うと何だかさみしい。

朝食を終え、スーツケースに荷物を入れて
帰り支度がすんだ頃に、マルコとアンドレアが
ホテルに来てくれた。

飛行機の時間は10:35。

車に荷物をつめこみ、アンドレアの運転で
空港へ向かった。

トリノの市街は、いつものように朝は
落ち着いていた。



なじみのある街の景色は少しずつ
消えていき、郊外に出るとゴミ処理場や
牧場などが目に入るようになった。

そして景色の彼方には、雪化粧をした
アルプスが今日もきれいに見えていた。

車中では3人で陽気に会話をしていたのだが、
それは別れを惜しむ気持ちをお互いに照れて
いたのかもしれない。


ーーーーーーーーーー
Arrivederci さよならイタリア
ーーーーーーーーーー
空港に到着すると、まだ時間があったので
3人でお茶をした。

「実はダイジェストビデオが今朝完成
したんだよ」
とマルコとアンドレアに言い、
パソコンを広げて彼らにビデオを
見てもらった。

彼らはビデオを気に入ってくれて、
とても喜んでくれた。

そのあとはプチレッスンの時間に
突入。

まだ彼らに披露していない技を
教えて盛り上がった。

そしていよいよ飛行機の時間が近づき、
出国ゲートへ行く時間になった。

いよいよお別れの時間だ。

「本当にありがとう。おかげで
すごく楽しく充実した時間だったよ。
また来年もよろしくね」
と言い、別れを告げた。

出国ゲートの列に並んだ僕を、彼らは
遠くから見送ってくれている。

列は進み、彼らはどんどん小さく
なっていく。

そして僕の前に並んでいる家族連れが
手荷物検査をするタイミングで彼らに
大きく手を振り、最後に日本人らしく
深くお辞儀をした。

彼らの姿が見えなくなったのを見届けた
あと、急に感極まったのか、大粒の涙が
ボロボロとあふれでてきた。

その涙はさまざまな紆余曲折を経て、
長年の目標を実現できた達成感の涙なのか、
イタリアを離れる愛惜の涙なのか、

なぜ泣いているのか自分でも意味が
分からなかった。

きっとそれは、さまざまな感情が
入り混じった涙なのだろうから、
自分でも意味を特定できないのだろう。

ハッと我にかえると、前に並んでいる
家族連れが、荷物検査を終えようとしていた。

目をこすって、涙をあわててぬぐい、
自分の荷物をトレーに入れると、

仏頂面で淡々と仕事をしていた
イタリア人の検査員が僕に、

「君は日本人か?日本のアニメは最高だ。
だから俺は日本人が大好きだ」
と笑顔で話しかけてきた。

僕はアニメの仕事をしているわけでは
ないのだが、とりあえず
「ありがとう。僕もイタリアが大好きだよ」
とお礼を言っておいた。

感極まった直後にこの会話。

何だか自分でもおかしくなってきて、
吹き出しそうになった。

飛行機に乗ると、パリまでは
あっという間だった。

さよならイタリア。
また来年行くからね。


ーーーーーーーーーー
パリで脳が異常事態に!?
ーーーーーーーーーー
パリのシャルル ド ゴール空港に
到着すると、日本へ帰国する日本人が
たくさんいた。

自然と日本語が耳に入ってくるのだが、
おもしろいことに、日本語が英語や
イタリア語に聞こえてくる。

イタリアにいる1週間は英語かイタリア語
しか聞かず話さずの状態だったから、
脳が外国語モードになっているのだ。

こんな脳の状態になることなんて
滅多にないので、

英語スイッチを押すと日本語が英語に、
イタリア語スイッチを押すと日本語が
イタリア語に、みたいな遊びをしてみた。

この遊びをしていると、外国人は
こんな風に日本語が聞こえているのかなと
想像できる。

関空までの飛行機に乗ると、ここからが
12時間の長いフライトになる。

飛行機は行きと同じくエールフランス。

関空行きのこの便は、日本人がたくさん
搭乗していた。

いよいよ日本が近くなってきた感じが
してきた。

ーーーーーーーーーー
旅で出会った名盤
ーーーーーーーーーー
旅の楽しみの一つに、
音楽との出会いがある。

今回の旅でも素晴らしい音楽に
出会えた。

それはイタリア音楽かと思いきや、
意外や意外、STINGの音楽だった。

行きの飛行機でSTINGのライブ映像を観て、
演奏されている曲がもう最高だった。

帰国してから知ったのだが、
STINGはイタリアのトスカーナに住んでいて、

ライブで演奏している曲が入っているアルバム
「ウィンターズ・ナイト」はトスカーナで録音
されていた。

ライブは格式ある英国の大聖堂で演奏されていて、
曲の独特な世界観をさらに際立たせていた。

中でも
「There is no rose of such virtue」
という曲はお気に入りで、魂を癒されるような
音楽だ。


帰りの飛行機でも同じライブ映像を視聴。

ミラノのドゥオーモなどの大聖堂を実際に
見た後に視聴すると、映像の感じ方が変化
していた。

旅で出会った名盤
「ウィンターズ・ナイト」。


もちろん、帰国後は、
すぐにこのアルバムを注文したのだった。

ーーーーーーーーーー
スープの癒し
ーーーーーーーーーー
最後の機内食のとき、フレンチが足りて
いないらしく、和食のみしか注文できない
状況になっていた。

とくに何も考えず、紙コップに入った
味噌汁を飲むと驚いた。

「何なんだ。この安心感は・・・」

そして気がつけば、
味噌汁を3杯もおかわりしていた。

具はワカメぐらいしか入っていないのに、
もう止まらなかったのだ。

イタリアでの食事は美味しく満足していたのだが、
やはり日本食、とくに味噌汁のパワーはスゴい。

一週間ぶりに飲む味噌汁は、旅の疲れを
癒すがごとく、骨の髄まで沁み入る感じがした。

ーーーーーーーーーー
京都へ帰還。新たな旅路へ
ーーーーーーーーーー
関空に到着し、バスが京都駅に到着すると、
妻と息子が車で迎えに来てくれていた。

息子が僕の存在に気がつくと、後部座席から
「パパ~」
と笑顔で僕に呼びかけてきた。

嬉しくホッとする感覚とともに、またこれから
はじまる日本での生活に気が引き締まる。

車を走らせ、鴨川沿いの川端通りの景色を
みると、京都へ帰ってきたんだなと実感する。

この地で過ごす日々の中で、また世界へ
届けられるような宝を見つけて磨いていこう。

こうしてまた、
新たな旅路がはじまったのだった。

***********

追伸
今回のブログは、僕が配信している
メルマガの内容をシェアしました。
もしあなたが、
「おもしろいな~」
と思ったのでしたら、ぜひ登録してくださいね!
購読は無料ですので、お気軽にどうぞ^^
メルマガは最新情報が最速であなたに届き

ますので、ぜひ!
↓↓↓



都東山 整体」 ヤフー、グーグル検索でダントツ1位!
地域最多のお客様の声!
京都市内で整体をお探しなら、
あかとき庵のホームページへ



読了後、よかったらポチっと一押し宜しくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

イタリア滞在日誌第9話 「イタリア最後の仕事」


こんにちは!
整体・操体 あかとき庵の小松です。


私は、今年の1/21、22にイタリアへ単身
渡りまして、セミナーを開催してきました。

今回の第9話では、
・トリノのお土産
・なぜか必勝?
・シュールな道場
・くたくたのラストミーティング
・深夜の裏イタリア
・愛しのイタリア

などのエピソードが書いてあります。

楽しんで読んでいただければ幸いです(^^)

-------------------



2017年1月24日。

いよいよ日本へ帰国する日が明日に
せまってきた。

この日の朝は、マルコとアンドレアと
一緒にトリノの街をぐるっとまわり、
僕がお土産を買うのに付き合ってもらった。




まだ人がまばらな朝寝坊のトリノの朝は、
穏やかでゆったりとしていた。




朝のトリノの街をこうしてゆっくり
あじわうのは今日が最後なのかと思うと、
みょうにさみしい気持ちになってくる。

やさしい太陽の光が街を包み、空は快晴。

道の彼方に見えるアルプスは少し雪化粧を
していて今日もきれいだ。




トリノは京都のように盆地になっていて、
アルプスとアペニン山脈に囲まれている。

この街のつくりが自分には合っているようで、
すっかりトリノが大好きになっていた。









ーーーーーーーーーー
トリノのお土産
ーーーーーーーーーー

トリノのお土産は主に2ヶ所で買った。

一つは有名なEataly。

ここでは名前のとおり、ワインやパスタ、
バルサミコなど、食料品の品揃えが豊富。

色んな食べ物を物色したいときは
オススメだ。

お土産用に買ったチョコは、トリノで有名な
老舗メーカー「バラッティ」のチョコ。

金の包装紙に入っている台形のチョコは、
味に深みがあり一つ食べただけでもかなり
満足度がある。

トリノといえばワインが有名で知られて
いるが、実はチョコレートの街としても
世界に名を馳せている。

Eataly では他にも自宅用にパスタとペンネ、
バルサミコを購入。

トリノ在住のアンドレアが太鼓判を押す
パスタを買ったのだが、これが当たりで、
とても美味しかった。

こういうときに現地の人がいてくれると、
買い物がすごく助かる。

もう一つ立ち寄ったお土産スポットは、
お洒落でかわいい石けん屋さん。

ここではバラッティのチョコと同じ
デザインの石けんが売っていて、これが
気に入り購入。

チョコレートの匂いがするチョコ石けんだ。




そんなこんなでお土産を買っていたら、
もう時間はお昼に近づいていた。

そしてこの後は、イタリア最後の仕事が
待っている。


ーーーーーーーーーー
なぜか必勝?
ーーーーーーーーーー

お土産を買い終わった後、アンドレアは
施術の予約が入っているため、先にセンターへ
移動。

驚いたのは、アンドレアの移動手段だ。

イタリアには街中にレンタルできる
一人乗りの車が停まっていて、気軽に
かりることができる。

アンドレアはこれに乗って颯爽と
仕事場に向かっていった。

僕とマルコは徒歩でセンターへ移動。

彼らのセンター「Holistico Terapia」は、
中心街から少し離れた静かな場所にあった。

センターはビルの中にあり、
アロマのお店なんかも入っていて、
白を基調としたモダンな内装だった。

おかしかったのは、入り口に「必勝」と
書いてある暖簾がかかっていたことだ。

しかも日の丸つきで(笑)

どこで買ったのかは知らないが、
これは暖簾というか、受験生がする
鉢巻じゃないか。




センターに到着すると、アンドレアが
セミナーで僕が教えた内容をさっそく
施術につかっていた。

自分が教えたことを現場でつかっている
光景を見ることなんて今までなかったから、
とても嬉しかった。

アンドレアの施術が終わった後は、
セミナーで伝えきれなかった内容を
ビデオに収録。

3本のコンテンツを英語とイタリア語で
撮影をした。






ーーーーーーーーーー
シュールな道場
ーーーーーーーーーー
コンテンツを撮影した後、
マルコとアンドレアは中国武術を教える
クラスがあるため移動。

僕もついていった。

場所は団地が集まる地域の中にある
道場だった。

彼らが武術を教えている間、
彼らとは別の部屋で、僕はセミナーの
ビデオを編集。

膨大なデーターの中から選んだ素材で、
ダイジェストビデオをつくる。

僕はダイジェストビデオをイタリアに
いる間に完成させたかった。

理由は、日本に帰国した後は、予約が
埋まっている上に、夜間かよっている
学校のテストがはじまる。

帰国後に待ち構えている超ハード
スケジュールの中では、

とてもじゃないけど、
ビデオを編集する時間はとれない。

帰国は明日にせまっているので、
空いている時間はビデオの編集に時間を
つぎ込んだ。

ビデオの構成を考えていると、
道場では空手のクラスがはじまっていた。

「イチ、ニー、サン、シー、ゴゥ、
ロク、ヒチ、ハチ」
とイタリア人が号令をかけている。

考えてみれば、イタリアに来てからは、
ほとんど日本語をきいていないし話して
いない。

久しぶりに聞くイタリア人から発せられる
日本語の数字をBGMに、僕はビデオの編集に
没頭した。

道場でイヤホンを耳に突っ込み、
macでビデオを編集している自分。

その向こうでは、額に汗をかき、
熱心に空手を稽古しているイタリア人。

何ともシュールな空間と時間だった。

ーーーーーーーーーー
くたくたのラストミーティング
ーーーーーーーーーー

マルコとアンドレアの武術クラスが
終わった後は、ご飯を食べながら
ミーティングをすることになった。

たしか時間はもう22時頃になって
いた。

レストランを探すも、市街から少し
離れているからなのか、空いている
レストランが少ない。

何軒かまわって見つけたのは、
ガラス張りのレストランだった。

ワインとピザを頼み、今回のセミナーの
いい点、改善点、そして次のセミナーは
どうするかなどを議論。

しかしこのとき、僕は疲れがピークに
なっていたのか、頭がうまくまわらない。

大事なことを英語で伝えたいと思っても、
思ったように言葉が出てこない。

アンドレアと話していて、議論が白熱した
場面があったのだが、気持ちは前に行くものの、
口は達者に動かず。

「すまない。すごく大事なことを
話したいのだが、疲労で言葉が出てこない」
とアンドレアに言うと、

これがかえって場が和み、
「わかる、わかる。大丈夫だ」
と言ってくれた。

そうだ。

このとき、僕以外のセミナー運営主要
メンバーも疲れがたまってきていたのだ。

そして最終的にはうまく話がまとまり、
来年のセミナーは6月に開催することが
決まった。

このとき、時間はもう深夜になっていて、
レストランはもう僕らしかいなく、
静かになっていた。


ーーーーーーーーーー
深夜の裏イタリア
ーーーーーーーーーー
レストランを出て、深夜の道を車で
走っていると、街は人通りも車も
少なく閑散としていた。

そしてある通りを走っていると、
深い夜の闇の中に、妖艶な格好をした
白人女性の姿がヘッドライトに照らされ
浮かび上がってきた。

ルーマニア人の街娼だ。

少し間隔をあけた場所にも、
また別の街娼が立っている。

どうやらこの辺りは、ルーマニア系の
街娼が深夜になると現れるエリアなのだ
そうだ。

そういえばトリノに着いた夜も、
空港から市街地に向かう途中に黒人の
街娼が立っていたことを思い出した。

こういう場面を見ると、ヨーロッパの
移民問題を肌身で感じる。

イタリア最後の夜は、
まさかの裏イタリアを目撃することに
なった。

ーーーーーーーーーー
愛しのイタリア
ーーーーーーーーーー

ホテルに到着し、マルコとアンドレアと
別れてると、急にさみしい気持ちになって
きた。

「明日の朝には空港に行き、
日本へ帰国するのだな」

そう思うと、少しでもイタリアの時間を
あじわいたいという気持ちになってきた
のだ。

すると不思議なことに、ミーティングの
ときにクタクタになっていた頭と身体が、
にわかに覚醒してきた。

そしてパソコンに向かい、もう少しで
完成しそうなイタリアセミナーの
ダイジェストビデオを編集開始。

このビデオは、セミナーの様子に加え、
日本からイタリアへ渡るストーリーも
入れてある。

そのストーリをしみじみと見ながら、
編集は朝までつづいた。

最終話につづく


***********
イタリアセミナーダイジェストムービー






追伸
今回のブログは、僕が配信している
メルマガの内容をシェアしました。
もしあなたが、
「おもしろいな~」
と思ったのでしたら、ぜひ登録してくださいね!
購読は無料ですので、お気軽にどうぞ^^
メルマガは最新情報が最速であなたに届き

ますので、ぜひ!
↓↓↓



都東山 整体」 ヤフー、グーグル検索でダントツ1位!
地域最多のお客様の声!
京都市内で整体をお探しなら、
あかとき庵のホームページへ



読了後、よかったらポチっと一押し宜しくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ